2019年 秋期 ITパスポート 問36

システム監査の目的はどれか。

 ア  情報システム運用段階で、重要データのバックアップをとる。
 イ  情報システム開発要員のスキルアップを図る。
 ウ  情報システム企画段階で、ユーザニーズを調査し、システム化要件として文書化する。
 エ  情報システムに係るリスクをコントロールし、情報システムを安産、有効かつ効率的に機能させる。


答え エ


解説

 ア  情報システム運用段階で、重要データのバックアップをとるのは、データバックアップです。
 イ  情報システム開発要員のスキルアップを図るのは、教育です。
 ウ  情報システム企画段階で、ユーザニーズを調査し、システム化要件として文書化するのは、要件定義です。
 エ  情報システムに係るリスクをコントロールし、情報システムを安産、有効かつ効率的に機能させるのは、システム監査の目的です。


キーワード
・システム監査

キーワードの解説
  • システム監査
    企業や自治体などの組織体の情報システムを対象とした監査のことで、情報システムの開発、運用、利用の状況を第三者が客観的に点検・評価することです。
    情報システムが複雑になり、また、業務に深くかかわり重要性が高くなっているため、情報システムの信頼性、安全性、効率性が妥当なものかを把握するために行います。

もっと、「システム監査」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ