2019年 秋期 ITパスポート 問67

貴重な情報を保管している部屋がある。
この部屋への不正な入出及び室内での重要な情報への不正アクセスに関する対策として、最も適切なものはどれか。

 ア  警備員や監視カメラによって、入退室確認と室内での作業監視を行う。
 イ  室内では、入室の許可証をほかの人から見えない場所に着用させる。
 ウ  入退室管理は有人受付とはせず、カード認証などの電子的方法だけにする。
 エ  部屋の存在とそこで保管している情報を、全社員に周知する。


答え ア


解説

 ア  警備員や監視カメラによって、入退室確認と室内での作業監視を行うのは適切です。(〇)
 イ  室内では、入室の許可証をほかの人から見える場所に着用させます。(×)
 ウ  入退室管理は有人受付と、カード認証などの電子的方法の両方を利用します。(×)
 エ  部屋の存在とそこで保管している情報を、関係者以外には秘密にします。(×)


キーワード
・入退室管理システム

キーワードの解説
  • 入退室管理システム
    情報漏洩防止、部外者侵入排除、鍵管理の簡素化を実現するセキュリティシステムで、管理したい部屋のドアにシステムを設置し、コンピュータで管理運用します。
    各ドアのアクセス状況、アクセス権限、ユーザの管理、履歴(ログ)管理などを素早く行うことができます。
    また、監視カメラシステムと連携して活用することもできるシステムもあります。

もっと、「入退室管理システム」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ