2019年 秋期 ITパスポート 問85

電子メールの内容が改ざんされていないことの確認に利用するものはどれか。

 ア  IMAP  イ  SMTP
 ウ  情報セキュリティポリシ  エ  ディジタル署名


答え エ


解説

 ア  IMAP(Internet Message Access Protocol 4)は、電子メールの受信プロトコルであり、電子メールをメールサーバに残したままで、メールサーバ上にフォルダを作成し管理できます。
 イ  SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、メールを送信するためのプロトコルで、クライアント端からメールサーバと、メールサーバ間で使われます。
 ウ  情報セキュリティポリシは、組織が目標とするセキュリティレベルを達成するために、遵守すべき行為及び判断についての考え方を明確にし規範としてまとめたものです。
 エ  ディジタル署名は、ディジタルデータの正当性を確認するために付加したものなので、電子メールの内容が改ざんされていないことの確認に利用できます。


キーワード
・ディジタル署名

キーワードの解説
  • ディジタル署名
    ディジタルデータ(文書、プログラムなど)が正当なものであることを保証するための、データのことです。
    ディジタル署名は保証するデータからハッシュ関数を使ってハッシュ値を求め、ハッシュ値を暗号化アルゴリズムで暗号化して生成します。
    データとディジタル署名を受け取った側は、データからハッシュを求め、復号したディジタル署名と比較することでデータの正しさを確認します。

もっと、「ディジタル署名」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ