2019年 秋期 ITパスポート 問5

材料調達から商品販売までの流れを一括管理して、供給の最適化を目指すシステムはどれか。

 ア  ASP  イ  CRM  ウ  ERP  エ  SCM


答え イ


解説

 ア  ASP(Application Service Provider)は、サーバ上のアプリケーションソフトウェアを、インターネット経由でユーザに提供するサービスです。
 イ  CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)は、顧客満足度を向上させるために、顧客とのやり取りを全社で共有し、効率的な営業活動を行なうことを目的とします。
 ウ  ERP(Enterprise Resource Planning、企業資源計画)は、企業が持っている資源(人、物、金)を統合的に管理・配分し効率的な経営を図る手法です。
 エ  SCMは、材料調達から商品販売までの流れを一括管理して、供給の最適化を目指すシステムです。


キーワード
・サプライチェーンマネジメント

キーワードの解説
  • サプライチェーンマネジメント(Supply Chain Management、SCM)
    製品の受発注、在庫管理、物流、資材の調達など、企業活動全般を統合的に管理することで、余分な在庫の削減、効果的な資材調達を実現し、コスト削減や受注から製品発送までの時間短縮を行なうための手法のことです。
    自社だけでなく関連企業と情報共有する必要があります。

もっと、「SCM」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ