2019年 秋期 ITパスポート 問21

ディープラーニングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

 ア  営業、マーケティング、アフタサービスなどの顧客に関わる部門で情報や業務の流れを統合する仕組み
 イ  コンピュータなどのディジタル機器、通信ネットワークを利用して実施される教育、学習、研修の形態
 ウ  組織内の各個人がもつ知識やノウハウを組織全体で共有し、有効活用する仕組み
 エ  大量のデータを人間の脳神経回路を模したモデルで解析することによって、コンピュータ自体がデータの特徴を抽出し、学習する技術


答え エ


解説

 ア  営業、マーケティング、アフタサービスなどの顧客に関わる部門で情報や業務の流れを統合する仕組みは、CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)です。
 イ  コンピュータなどのディジタル機器、通信ネットワークを利用して実施される教育、学習、研修の形態は、e-ラーニング(e-learning)です。
 ウ  組織内の各個人がもつ知識やノウハウを組織全体で共有し、有効活用する仕組みは、ナレッジマネジメント(knowledge management)です。
 エ  大量のデータを人間の脳神経回路を模したモデルで解析することによって、コンピュータ自体がデータの特徴を抽出し、学習する技術は、ディープラーニングです。


キーワード
・ディープラーニング

キーワードの解説
  • ディープラーニング(deep learning)
    システムがデータの特徴を学習して事象の認識や分類を行う“機械学習”の手法です。
    データの特徴をより深いレベルで学習し、非常に高い精度で特徴を認識できるため、画像や音声の認識などの分野での活用が期待されています。

もっと、「ディープラーニング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ