2019年 秋期 ITパスポート 問30

デザイン思考の例として、最も適切なものはどれか。

 ア  Webページのレイアウトなどを定義したスタイルシートを使用し、ホームページをデザインする。
 イ  アプローチの中心は常に製品やサービスの利用者であり、利用者の本格的なニーズに基づき、製品やサービスをデザインする。
 ウ  業務の迅速化や効率化を図ることを目的に、業務プロセスを抜本的に再デザインする。
 エ  データと手順を備えたオブジェクトの集まりとして捉え、情報システム全体をデザインする。


答え イ


解説

 ア  Webページのレイアウトなどを定義したスタイルシートを使用し、ホームページをデザインすることに特別な名称はありません。
 イ  アプローチの中心は常に製品やサービスの利用者であり、利用者の本格的なニーズに基づき、製品やサービスをデザインするのは、デザイン思考です。
 ウ  業務の迅速化や効率化を図ることを目的に、業務プロセスを抜本的に再デザインするのは、BPR(Business Process Re-engineering)です。
 エ  データと手順を備えたオブジェクトの集まりとして捉え、情報システム全体をデザインするのは、オブジェクト指向です。


キーワード
・デザイン思考

キーワードの解説
  • デザイン思考
    デザイナーがデザイン業務で使う思考方法のプロセスを活用して、経営やマーケティングなどビジネスにおける前例のない問題や未知の課題に対して最も相応しい解決を図るための思考法です。

もっと、「デザイン思考」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ