2019年 秋期 ITパスポート 問44

業務時間の短縮を目的として、運用中の業務システムの処理能力の改善を図った。
この改善が有効であることを評価するためにシステム監査を実施するとき、システム監査人が運用部門に要求する情報として、適切なものはどれか。

 ア  稼働統計資料  イ  システム運用体制
 ウ  システム運用マニュアル  エ  ユーザマニュアル


答え ア


解説
システム監査人が行いたいのは、業務時間の短縮を目的として行った運用中の業務システムの処理能力の改善の有効性なので、必要な情報としてはシステムの改善の前後の稼働統計資料(ア)です。
システムの改善の前後の稼働統計資料を比較することで、システムの改善の効果(影響)を確認することができます。


キーワード
・システム監査人の独立性

キーワードの解説
  • システム監査人の独立性
    “システム監査基準”にはシステム監査人の独立性について以下のように書かれています。
    • 外観上の独立性
      システム監査人は、システム監査を客観的に実施するために、監査対象から独立していなければならない。監査の目的によっては、被監査主体と身分上、密接な利害関係を有することがあってはならない。
    • 精神上の独立性
      システム監査人は、システム監査の実施に当たり、偏向を排し、常に公正かつ客観的に監査判断を行わなければならない。

もっと、「システム監査人」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ