2019年 秋期 ITパスポート 問47

ソフトウェアの品質を判定する指標として、機能単位の不良件数をその開発規模で割った値を“不良密度”と定義する。
不良密度の下限値と上限値を設定し、実績値がその範囲を逸脱した場合に問題ありと判定するとき、A工程では問題がなく、B工程で問題があると判定される昨日はどれか。
ここで、不良密度の下限値は0.25件/KS、上限値は0.65件/KSとする。
また、不良密度の下限値、上限値及び開発規模は、両工程とも同じとする。

機能 開発規模(KS) A工程の不良件数(件) B工程の不良件数(件)
機能1 10 6 3
機能2 20 14 10
機能3 50 10 40
機能4 80 32 8


答え エ


解説
A工程、B工程のそれぞれの不良密度を計算すると

機能 開発規模(KS) A工程の不良件数(件) A工程の不良密度(件/KS) B工程の不良件数(件) B工程の不良密度(件/KS)
機能1 10 6 0.6 3 0.3
機能2 20 14 0.7 10 0.5
機能3 50 10 0.2 40 0.8
機能4 80 32 0.4 8 0.1
になり、上限値、下限値の範囲を逸脱したのは太字の箇所になる。


キーワード
・バグ密度

キーワードの解説
  • バグ密度
    プログラムの量に対して、どれだけのバグが検出されれば適正であるかという指標値で、バグの数÷ソフトウエア規模で算出します。
    バグ密度はテスト計画段階で決め、テスト完了後や途中で目標値の差を確認します。
    バグ密度が目標値より低ければ品質が良いかテストが不足している、目標値より高ければ品質の問題があると判定します。

もっと、「バグ密度」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ