2019年 秋期 ITパスポート 問59

複数の取引記録をまとめたデータを順次作成するときに、そのデータに直前のデータのハッシュ地を埋め込むことによって、データを相互に関連付け、取引記録を矛盾なく改ざんすることを困難にすることで、データの信頼性を高める技術はどれか。

 ア  LPWA  イ  SDN
 ウ  エッジコンピューティング  エ  ブロックチェーン


答え エ


解説

 ア  LPWA(Low Power, Wide Area)は、「長距離のデータ通信」と「低消費電流」という2つの特徴を満たしている通信ネットワークのことです。
 イ  SDN(Software-Defined Networking)は、単一のソフトウェアによりネットワーク機器を集中的に制御して、ネットワーク構成や設定などを柔軟に動的に変更することができる「技術の総称」です。
 ウ  エッジコンピューティング(edge computing)は、エッジ処理とも呼ばれ、端末の近くにサーバを分散配置するネットワーク技法です。
 エ  ブロックチェーンは、複数の取引記録をまとめたデータを順次作成するときに、そのデータに直前のデータのハッシュ地を埋め込むことによって、データを相互に関連付け、取引記録を矛盾なく改ざんすることを困難にすることで、データの信頼性を高める技術です。


キーワード
・ブロックチェーン

キーワードの解説
  • ブロックチェーン(blockchain)
    “ブロック”と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、チェーン(鎖)のように連結していながらデータを保管するデータベースです。
    各ブロックには生成したときに付加したタイムスタンプデータと直前のブロックのリンク情報が含まれているため、一度データベース上に登録されると変更(改ざん)することができません。

もっと、「ブロックチェーン」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ