2019年 秋期 ITパスポート 問71

複数のIoTデバイスとそれらを管理するIoTサーバで構成されるIoTシステムにおける、エッジコンピューティングに関する記述として、適切なものはどれか。

 ア  IoTサーバ上のデータベースの複製を別のサーバにも置き、両者を常に同期させて運用する。
 イ  IoTデバイス群の近くにコンピュータを配置して、IoTサーバの負荷低減とIoTシステムのリアルタイム性向上に有効な処理を行わせる。
 ウ  IoTデバイスとIoTサーバ間の通信負荷の状況に応じて、ネットワークの構成を自動的に最適化する。
 エ  IoTデバイスを少ない電力で稼働させて、一般的な電池で長期間の連続運用を行う。


答え イ


解説

 ア  IoTサーバ上のデータベースの複製を別のサーバにも置き、両者を常に同期させて運用するのは、サーバのミラーリングです。
 イ  IoTデバイス群の近くにコンピュータを配置して、IoTサーバの負荷低減とIoTシステムのリアルタイム性向上に有効な処理を行わせるのは、エッジコンピューティングです。
 ウ  IoTデバイスとIoTサーバ間の通信負荷の状況に応じて、ネットワークの構成を自動的に最適化するのは、ダイナミックリソースコントローラーです。
 エ  IoTデバイスを少ない電力で稼働させて、一般的な電池で長期間の連続運用を行うのは、LPWA(Low Power, Wide Area)です。


キーワード
・エッジコンピューティング

キーワードの解説
  • エッジコンピューティング(edge computing)
    利用者の近くにサーバを分散させて配置し、物理的な距離を短縮することで通信遅延を短縮知る技術です。
    ここで、使用されるサーバをエッジサーバと呼びますが、利用者の近傍に配置されるということ以外の特徴はありません。

もっと、「エッジコンピューティング」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ