2019年 秋期 ITパスポート 問73

IoT機器やPCに保管されているデータを暗号化するためのセキュリティチップであり、暗号化に利用する鍵などの情報チップの内部に記憶しており、外部から内部の情報を取り出しが困難な構造を持つものはどれか。

 ア  GPU  イ  NFC  ウ  TLS  エ  TPM


答え エ


解説

 ア  GPU(Graphics Processing Unit)は、3Dグラフィックスの表示に必要な計算処理を行うチップです。
 イ  NFC(Near Field Communication)は、距離でデータ通信を行なう近距離無線通信の国際標準の一つです。
 ウ  TLS(Transport Layer Security)は、OSI参照モデルの第4層(トランスポート層)より上位でデータの暗号化と、認証を行いセキュリティを高める技術です。
 エ  TPMは、データを暗号化するためのセキュリティチップです。


キーワード
・TPM

キーワードの解説
  • TPM(Trusted Platform Module)
    RSA暗号やSHA-1ハッシュ演算の機能をもったセキュリティチップ(LSI)で、チップ内で暗号化や復号、ディジタル署名の生成や検証が行えます。
    また、RSAの鍵ペアの生成も行えます。

もっと、「TPM」について調べてみよう。

戻る 一覧へ 次へ